長崎県精神医療センター
文字サイズ変更 文字を大きくする 文字を元の大きさに戻す 文字を小さくする
access:595082

病院の沿革

昭和28年12月 精神衛生法第4条に基づき、精神神経科専門病院「長崎県立東浦病院」として大村市久原郷に開院(病床数100床)
昭和31年11月 病床数を100床増床、合計200床
昭和34年6月 結核合併症33床増床、完全開放棟42床増床、合計275床
昭和47年4月 臨床研修病院として指定
昭和51年9月 アルコール病室開設
昭和51年10月 基準看護特1類承認
昭和58年6月 新病院建設基本構想決定
昭和59年5月 新病院の用地造成完了
昭和59年8月 新病院建設着工
昭和60年5月 新病院完成
昭和60年7月 「長崎県立大村病院」として、大村市西部町に開院(病床数306床)
昭和60年12月 精神科作業療法承認
平成2年4月 長崎県営バス院内乗入れ開始
平成6年10月 新看護3対1(B)承認
平成8年6月 精神療養病棟(A)承認
平成9年6月 新看護3対1(A)承認
平成10年1月 入院時食事療法に係る特別管理加算承認
平成10年3月 病室拡張及び個室増設
平成10年5月 療養環境加算承認
平成11年3月 看護実習棟建設
平成16年4月 病院名を「長崎県立精神医療センター」へ変更
病床数を4病棟173床に削減
精神科救急情報センターを設置
精神科応急入院指定病院の指定
平成16年12月 病床数はそのままで個室を増設
平成17年7月 医療観察法に基づく指定通院医療機関の指定
平成17年12月 日本精神科学会専門医研修施設認定
平成19年4月 精神科救急医療センター開設
平成19年8月 精神科救急入院料算定
平成19年9月 急性期リハビリ病棟(B-1病棟)閉鎖
平成20年4月 医療観察法病棟(C病棟17床)設置、4病棟141床
医療観察法に基づく指定入院医療機関の指定
平成21年4月 長崎県病院企業団設立に伴い「長崎県精神医療センター」へ改称
平成25年4月 ECTセンター設置
ページ上部へ移動 ▲