長崎県精神医療センター
文字サイズ変更 文字を大きくする 文字を元の大きさに戻す 文字を小さくする
access:648629

看護部長の写真 看護部長(認定看護管理者)
精神科認定看護師
山中 利文

看護部長あいさつ

 当院は、これまで、精神科救急医療、児童思春期医療、医療観察法、訪問看護などに機能特化してきました。  
 近年、医療は「病院完結型」から「地域完結型」へと流れが変わってきています。日々、変化する社会情勢の中で看護部は、「寄り添う看護」を理念に掲げて実践し、患者さんのその人らしい生活を支援できるように、多職種チームとの連携と補完を行っています。  また、成長する看護を目指して教育システムを構築し、専門看護師や認定看護師の資格取得の支援と、さらには、職員が活力を持って働き続けられるようにワークライフバランスの実現にも取り組んでいます。
ページ上部へ移動 ▲ 副看護部長兼地域支援連携室長の写真 副看護部長兼地域支援連携室長
茶谷 孝子

副看護部長兼地域支援連携室長あいさつ

 病病・病診連携の窓口と地域関係機関との連携の役割を担っています。  
 患者さんが望む地域生活を実現するため多職種で退院支援を行ない、患者さんの笑顔がスタッフのやりがいになっています。
ページ上部へ移動 ▲ 副看護部長(教育専任)の写真 副看護部長(教育専任)
上野 恵美子

副看護部長(教育専任)あいさつ

 患者に寄り添い、精神看護師としてプライドをもち、職員個々が、キャリアアップを形成していけるように教育環境を整えていきたいと考えています。また、ポジティブフィードバックを活用して、職員一人一人のモチベーションを維持向上する為の環境つくりに取り組んでいます。
ページ上部へ移動 ▲ 医療安全室 専任の写真 医療安全 専従
岩見 悦子

医療安全あいさつ

 医療安全管理体制の確立に向けて医療安全の教育と安全パトロール等に組織的に取り組んでいます。「人」「物」「組織」「ソフト」の個々の要素の質を高め、医療を受ける患者と関わる職員の安全確保と質の高い医療サービスの提供に取り組んでいきます。
ページ上部へ移動 ▲ 師長会の写真