長崎県精神医療センター
文字サイズ変更 文字を大きくする 文字を元の大きさに戻す 文字を小さくする
access:567557

病棟

A-1病棟(包括治療病棟)

 難治例を中心とした49床(2床は結核病床)の男女混合の閉鎖病棟です。
 あらゆる角度から包括的に質の高い治療・看護を行っています。レクレーションやスポーツなど患者さん一人ひとりに合わせた作業療法活動をしています。
 また、患者さんの病気の回復に応じてじっくりと関わっています。
 精神保健福祉士と協働し患者さんに社会資源の活用の方法などの情報を提供し、外来の訪問看護や地域と連携して社会復帰・退院促進に向けて支援します。
ページ上部へ移動 ▲

A-2病棟(精神科救急病棟)

 急性期の患者さんに、短期入院を目標に医師及びコメディカルと連携し、集中的な治療を行う47床の男女混合の閉鎖病棟です。
 より細やかな看護ケアの提供と快適なゆとりある治療環境の中で、患者さん個々のペースに合わせた入院生活を送っていただくことができます。
 ストレス社会の中で疲れてしまった心と体に、栄養と休息を与え、自分らしさを取り戻せるようお手伝いします。
ページ上部へ移動 ▲

B-2病棟(思春期病棟)

 定床26床(個室19床)の思春期病棟です。
 閉鎖病棟で思春期の患者さんのプライバシーが守れるよう環境に配慮しています。
 治療の特徴として、集団療法を重視し対人関係の調整を行いながら、さまざまなことを経験し、人と交わる力や現実を受け止める力などを身につけています。
ページ上部へ移動 ▲

C病棟(医療観察法病棟)

 病床数17床。心神喪失者等医療観察法により入院処遇となった対象者を専門的に治療する病棟です。
 全室個室とし、専従の職員を従来にくらべ手厚く配置し、アメニティを充実させ、継続的かつ適切な医療を提供することで、症状の改善に努めます。また、社会復帰へ向けた治療プログラムを行い、精神障害に伴う対象行為と同様の行為の再発防止を図ります。
ページ上部へ移動 ▲

看護体制

A-1病棟
精神病棟 入院基本料 15:1(看護補助加算1)
A-2病棟
精神科救急入院料1 10:1
B-2病棟
児童・思春期精神科入院医療管理料  10:1
C病棟
医療観察法入院対象者入院医学管理料 1:1.3+4
ページ上部へ移動 ▲